野外劇の撮影

知人の演出家が主催する野外劇の撮影に行って参りました。音響も照明も舞台美術もなし。

鳥の声があるときはBGMになったり、ふと通った救急車のサイレン音が芝居とリンクして効果的になったり。散歩で歩いている人が登場人物の一部に見えたり。

何も装飾が無い。

けれどもさらに創造的な空間になっていました。

人生もこれと同じなのかな。

自然が教えてくれることってはかりしれないですね。