生きている間に親に感謝を伝えよう

私はいつもシナリオか、演出として制作に参加しますが、今回は初めてのカメラマンでした。ドキドキしましたが無事にショートフィルムの撮影終わりました。至らないところがありましたが、今回出演を快諾してくださった建築士の丸谷さん親子、またその御家族に助けられました。

今回はプロの俳優は元宝塚のNORIKOさんだけなのですが、皆さん初めての演技とは思えないほど、素晴らしいパフォーマンスでした。

私の奥多摩移住の時のご縁です。自らデザインされた素晴らしいお住まいでした😁

演技はまず、舞台の上にいること、カメラの枠の中に自分があるがままとして存在することが最初の一歩なのですが、皆さん堂々としていました。NORIKOさんとも話したのですが、おそらく現役の建築士であり、場所や空間をとても大事にしているから、だから堂々と存在出来たのかなぁっと。

いま、編集作業も終えて、これからクライアントさんに見せる段階です。本当に素敵な経験をさせて頂きました。今回を機にジンバルや三脚なども購入。次の撮影に向けて技術を磨きます😁

映像は「親が生きている間に感謝を伝える大切さ」を説いた内容です。愛知県岡崎市の「ふくろうの家」を経営する水野園美社長のいつも言っている言葉です。私も本当に最近になって身に染みてます。親に1ミリでも優しく、そして普段言えない事は伝えたいと思ってます。

「ありがとう」「あなたの娘で生まれて幸せです」

生きているうちに言わなきゃ意味がないから。

生きてる間に感謝を伝えようプロジェクト用のmovieです