自分の軸で生きる

2017年から約2年、都心と奥多摩の二住居生活をしてました。なぜ奥多摩かというと自然の美しさに惹かれたことです。

また、まちづくり、地域づくりをしている酒蔵を昔から巡るのが好きで、奥多摩地域の沢井には小澤酒造のリーダー、小澤順一郎さんといって素敵な名士の方がいたので、それも住むことを決定する大切な要因でした。この住んでいる期間は都心からよく仲間を呼んで、奥多摩芸術祭みたいな名前のどんちゃ騒ぎをよく企画しました。

奥多摩地域は本当に変で面白い人が多く、毎日刺激的でした。武家茶道の先生、トモダチ作戦のリーダーだった人、家を0から作る建築士、歌舞伎評論家、鳥と喋る青年、元メダリストのカヌー選手、、、これでもかと面白い人に出会いよく澤乃井を飲み交わしたものです。みんなに共通していたことは自分の軸で生きるということ。

私の一軒家のすぐ近くには陶芸家の方が住んでいて、よく晩ご飯を一緒に食べました。残念ながら陶芸体験は出来なかったけど、私の関わったCM で、ロケーションに使わせていただき、一緒に仕事をした事は財産です。それがこのCMです。全編、沢井エリアの協力で制作されました。

https://www.mens-svenson.net/movie/376717652/

陶芸家の方が制作、世界に一つの作品

近々、また奥多摩に導かれたいと思ってます。