高校時代のOB訪問

2018年に三重県鈴鹿市で舞台を開催したのですが、その時にたくさんの市民の方々と繋がりが出来たこと、そして、鈴鹿でまちづくりに取り組んでいる方との出会いが何よりの財産でした。

2018年 鈴鹿ミュージカル「杉本市長と私」燃え尽きたなぁ・・・

それからは定期的に「広光劇場」と言って、市民参加型の紅白歌合戦を年末に開催しています。でも、それだけでは足りないからと今年から秋にも「鈴鹿の文化を伝える会(簡単に言えば歌会)」を開くことにしました。

会の成功の為には、まずは会の趣旨を知ってもらい、広く参加してもらう事が必要です。舞台の時もそうでしたが、困った時は高校の先輩!なんと優しいことか。ミュージカルの時も沢山チケット買って頂きました。ありがとうございました。

私は高校時代、進学クラスにも関わらず、あまり勉強はせず、高校3年の最後はほぼ学校に行ってないのですが(先生、ごめんなさい。見たい映画、作りたいショートフィルムがあったりして)でも、我が高校は今でも縦の繋がりをすごく大切にする風潮があり、後輩だからとたくさんの方々が今でも力になってくれています!

訪れたのは、日清オイリオさんへ。高校のOB名簿を手に入れて、さぁ行こうかな♪と言う気持ちで伺ったら、通されたのは最上階。半沢直樹のテーマ曲が流れてきそうな雰囲気でした。ジャケット念のために着てきてよかった。

先輩である今村さんは、日清オイリオの会長職に就任しておりました。難しい話はさておき、こちらの意図を熱心に聞いて下さって。最後は会のバックアップをして頂くことに。どんなに仕事で忙しくしていても、故郷への思いや、故郷にいる人々がずっと笑ってくれることには喜んで力を貸すよとおっしゃって頂いて。

今村さんもピアノを弾くそう。音楽は人と人を繋ぐ♪

想いが伝わってよかった☺️

ミーティングの後は、受付で写真撮影。ちょっと社会見学みたいにはしゃいでしまったので、自分が写った写真は割愛💦

日清オイリオの受付。CM弊社でも作りますよ!
アピールもしてきました

今年の秋の歌会はコロナの騒動で延期になりそうですが、、、長い目での開催を考えて、これからもOB訪問コツコツ頑張ります〜☺️